感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

【ファッション】イヴ・サンローラン

インスピレーション

YSLのロゴが衝撃的にオシャレに見えた一枚。
モードとかエレガンスとかいうものがこのポシェットに凝縮されています。
一気にYSLに惹き込まれました。美しいです。

f:id:kana-moon:20170810112148j:plain

イヴ・サンローランとは

ハイブランドにてんで興味がなかった私です。
WikiでYSLの歴史を流し見してから、映画のトーレーラを見て、ざっくりYSLの世界を掴みました。

痛いぐらいオシャレすぎる。
私は、ファッションの世界で生きることって本当に痛いと思っています。
バカにしているイタさじゃなくて、引き裂かれるようなマジの痛さです。
凄まじいフラッシュライトの影が切なくて、悲しくなる。

また、その痛みが美しいんだよな。

ysl-movie.jp


9.6公開 映画『イヴ・サンローラン』予告編

2017FWコレクション

YSLの世界に興味もったので、コレクションも見てみました。
パリコレって実用性ないデザインなんで苦手だと思っていたけど、その中でもこれ好き!っていうのも何着かありました。実用性・価格的共に遠い存在ですが、好きのエッセンスがいっぱいあって楽しかったです。私はファッションが好きである!

(イヴ自身は2002年にデザイナーを辞任しているので、現在はアパレル部門はサンローランというらしいです。ハイブランドってこういうとこがややこしくてとっつきにくいく感じます。)

f:id:kana-moon:20170810112155j:plain

タイトミニって大好きな形です。
全面的なフリルデザインの甘さを、ジップとレザーの辛さでカジュアルダウンしてるところがゴロゴロするぐらい好きでした。

f:id:kana-moon:20170810112221j:plain

白のふわもこニットとレザーの謎すぎるミニスカート。
これは色合いとか質感の組み合わせが好きです。レザーを大胆なフリルにアレンジしたデザインもオシャレ。
服飾メーカーがこれをアレンジしたとして、実用的なデザインに落とすのってセンス要るな。

f:id:kana-moon:20170810112209j:plain

ミラーボールシャツとペンシルパンツ
このシャツ!絶対着れないけど凄い好きです。魅入ってしまう。
体のラインにスルンと沿う質感、比翼仕立ての胸元に走る黒のラインがカッコよすぎる。

f:id:kana-moon:20170810112256j:plain

オーバーサイズのレザージャケットとデニムシャツ、ミニスカート

これはコーディーネートのバランスが好きです。
辛いんだけど、カジュアルだからキツ過ぎないし、ミニスカートのフリルが丁度可愛い。このコーデはしたいなあ。可愛すぎる。

なんで急にYSLなんだよ

突然目に入ってきたんだ!で終わらせたくないので探ってみます。

大人 エレガンス 気品 ってものに最近胸が痛くなるんです。
今の私は、こういう要素が欲しいし、身に付けたいです。

私は、幼児期に満たされなかった愛着障害を拗らせていたので、ずっと子供でいたかったんです。最近やっとウンザリできたのでやめました。

いい歳してアホみたいやったし、可愛がられているようでバカにされることにうんざり出来たから子供っぽさから卒業です。

自然に大人っぽく、上品に振舞える歳になれたんじゃないかなって思えてきてるし。
私が美しいな、色っぽいな、大事にしたいなって思える人でありたい。

私が好きな「大人っぽさ」の道しるべが、美しいエレガンスを待とうYSLのバッグでした。(因みに現品は持ってない)

YSLで買えるのはコスメだな

お値段的に私が買えるのはコスメですね。
コスメといえども、あのカウンターに入るのはちょっと勇気いる。店員さんのオーラがハードに感じてしまう。。。

でもやっぱ好きになっちゃったし、エレガンスのエッセンス欲しくなっているので行ってみようと思います。口紅とチーク買うぞ!

本当は、バッグも欲しい。ジャケットも欲しい。

道のりは遠いな…笑

f:id:kana-moon:20170810112242j:plain