感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

何でもない日の感覚

今日は朝から病院へ!

総合病院あるあるだけど、二時間も待たされてかなりソワソワ(`0`) 仕事に遅れたらその分給料減るので如何ともし難い心境に。

途中からどうでも良くなって、この暇な時間に徹底的に自分と語り合おうと決めた途端に、まったりタイムに変わりました。(自分と語り合うつもりが結局ヒルナンデス見てたけど)

そしてそして仕事帰りには、前からチェックしてたレトロビルの調査に行ってきました。

f:id:kana-moon:20170602215823j:image

なんか九龍城ぽくない?

写真では解りづらいけど、ここは発展途上な昭和感溢れるビルなんです。こういう建物とか雰囲気大好き。面白いBARとか入ってたら良かったんだけど、普通のオフイスビルでした。

その帰りに、ゆっくり自転車漕ぎながらオフイス街を走ってると不思議な感覚になりました。

なんか、知らない街を旅してるみたい。。。

突然、中国か何処かのアジアの街を彷徨ってる気分になってきて、通行人の誰しもが知らない国の関係ない人に思えてきて、同僚と盛り上がるサラリーマンも、2ケツしてるカップルも、1人で自転車を漕ぐ自分もそれぞれだなぁ。。。って急に思えてきたんです。

私って被害妄想が達者というか、誰かの幸せと比べて虚しくなったりしちゃうクセがあるのですが、本当に誰のことも気にならなくて、知り合いが増えすぎたこの街で、誰も今までの自分を知らない新しい世界が始まるような不思議な感覚がありました。

なんか異次元に迷い混んだみたいな。

それは、究極の個別化であり、自由であり、平等であり、新しい孤独感。

住み慣れたこの街には、近所に友達がいて、見知らぬ人とも繋がろうと思えば繋がれる自由がある。それでも1人でいるこの時間は美しく素晴らしい。

昨夜の雨で浄化された夜空は、雲ひとつない深い群青で、都会の空に月と星が瞬いています。

ああ…この時代のこの土地に生きていられて幸せだなぁって、心から感じることができました。

一人旅が好きな人って、いつもこういう感覚なのかな?凄い気持ちよかった。 

その勢いで本屋に立ち寄るとあーすじぷしーの新刊を発見!

 

ミラクル 奇跡の毎日が始まる

ミラクル 奇跡の毎日が始まる

 

 所謂、本占い的な一冊です。

そこで、ある質問してペラっとめくったページには、「貴方が本当に望んでいるYESから選んで」と書いてありました。常識や誰かに見張られてるような感覚から選んだ答えはNOだよ、ってことらしいです。

本当のYES。

これを常に選べてる人なんて存在してないでしょう。

でも本当に大切な事だけは、本当に望んでいるYESを自覚しようと思いました。 

 

今日のBGM 街がこんな感じに見えた笑

www.dailymotion.com