感覚をつかむ、みがく Selpit Lab

自分が感じたこと・色んなことを研究するブログ

肌の曲がり角だってよ

ストレスで食が細くなって、痩せましたら、悩みだった顎のたゆみもスッキリシェイプアップ出来ました。

チームで仕事するの無理なので、フリーになるつもりで今後の設計図書いて課長に提出して、社長に提出するまえに「アイツらとは怖くて仕事出来ない」って素直に伝えたら、新しい仕事出来ました。

どうなるか分からんが、最悪のこと「沈むゆくチームの仕事」をしなくてよくなった。

やったやった、やってやった。

このまま逃げ切ろう。絶対向かい合いたくない。

彼は私のみたくないものの全て。

彼らは私の嫌いなものの全て。

私の世界から消えてしまえ。

それすら自分だとして、自分の一部だとして、

愛せない自分がいてもいいでしょう。

どうしても愛せなくて、受け入れられない痛んだ部分があってもいいでしょう。

受け入れられない私自身みたいなあの男が下を向いて絶望に突っ走って

間違っていても止まれなくて痛み苦しんで死んでしまっても

私はもう知らないし、見たくもない。

そんなひどいことはもういいです。おなかいっぱいです。

なにもかもどうでもいいです。

消えちまえ

嫌いなもの全部

アールグレイと照り焼きバーガーと今好きな人だけ残して消えろ全部。

天才になりたい。