感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

スターチャイルドと、アヌンナキ

去年、陰謀説と宇宙人の謎にハマっていたのですが、情報が上手く掴めなくてもどかしい思いをしたりして情熱は一旦収束していました。

それが、ここに来て情報が再び降りて来ました。

人間のこころの穴の原因

欠乏感や、根拠のない不安感、同調圧力、意味不明な聖書の情報が解禁されたようで普通にネットの検索で出てくるようになりました。

これらの情報(主にブログ)前から存在していたはずなのに、何故今まで辿り着けなかったのが不思議です。

人間のこころの穴の原因ですが、人類のDNAはアヌンナキと呼ばれる宇宙人によって操作されて劇的な進化を遂げた一方で、彼らが支配しやすいように多くの可能性も閉じられた、というのがその原因であり、人類誕生の秘密だそうです。

なぜアヌンナキは地球人を人工的に作り出し、支配する必要があったかというと、彼らの母星ニビルの環境を救う原料となる金を採掘させる為です。人類はその為の労働力であり彼らの奴隷でした。

その為、人類がアヌンナキに尽くすようにと、自由意志や創造性、テレパシー能力、寿命を短く操作されたとのこと。同時に彼らを神と崇める風習も植え付けられました。

アヌンナキ達により可能性を閉じられ、操作しやすくなった人類は、神を畏れ崇め、金を求めて争い彷徨うようになってしまったと。

彼らの伝説は、超発展を遂げた古代シュメール文化以前より始まり、古代日本の神々、スサノオ達にも繋がるみたいです。クサナギとかイザナミとか、日本語の筈なのに発音に違和感を感じていたのですが、宇宙由来と思うと納得です。そもそも空から降りてくる人間なんて宇宙人しかいないよね。

そして現在、アヌンナキ達はどこ行ってしまったんでしょうか。なぜ人間達に姿を現さなくなったのかは不明です。金が採れたからニビルに帰ったのかな?人間をこんな中途半端にしておいて最後まで責任取らんかい!

参照記事

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1097.html

https://ameblo.jp/motoharu567/theme-10100218510.html

そこでスターチャイルド発動

この地球にはスターチャイルドと呼ばれる異星人由来の魂を持つ人間が転生してきているそうです。彼らは地球の次元上昇に貢献する為に生まれきた勇者達です。

スターチャイルドの特性として、なんだか周りから浮いてしまう、悪意が無いのに標的にされたり、目立ちたく無いのに目立ってしまう、そう、そこの貴方です。

私は間違いなくインディゴ世代のスターチャイルドなんですが、最近やっとミッションを自覚できるようになりました。

それは、可能性 自由を取り戻すこと。

個人の自主性や方向性を力強く指し示す意志の力、それらをもって実現していくこと。

友愛、公平な愛、楽しみや喜び。

これらは並列化されなくても、個性的であっても叶えられること。

執着心、承認欲求、不安から起因する争いを捨てて自由になろう!世界は自分で創れる!

っていうのが、私の源からコンコンと湧き出て来てます。

ネガティブな軸にブレにくくなったし、周りを軌道修正する力が出てきました。「あ、ネガティブにズレた」っていう判断が即時にできるようになりました。

そういう時は今ある環境でベストを尽くすことが現状打破の必須条件になるので、自分だけでなく周りも自然にそうなれるようにサポートしたいですね。文句ばかりじゃ前進しない!

去年の年末に、私はリーダー役を引き受けます!って天に宣誓したのだけど、そこから一気に状況が変化しました。周りの面子も環境も突然強制的に整いました。

今有り得ない形で自分を試されています。

こういう形で種が発芽したのかって感じです。

すげー不安。でもやる。

これが使命なら燃えるよね。

創造は喜びであり、全ては可能である。

私はこれを体現しつづけていきます。

その為の十分な休息が与えられ、奇跡やサポートを受けていきます。

これを読んで、何かムズムズしたなら、それは発芽の合図。

ずっと逃げてきたことに腹を括って挑めば必ず道は開けます。