感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

【夢の意味】引っ越し・改築

繰り返し見る夢

7年ぐらい前から繰り返し見る夢があります。
それは、見覚えのない家に引っ越している、又は改築されている夢です。

夢の特徴は、

  • 把握できないほど広い
  • 部屋数が増える、全部見切れない
  • 自分の見覚えのない荷物が多い
  • 前の住人の荷物が大量にある
  • とにかく、ほぼ全部捨てて片付けなければならない
  • 場所は地元の田舎か、全く知らない場所

一人暮らしの場合か、家族か友達がでてくることが殆どです。
時に知らない家族が住んでる場合がありますし、見たことない親戚がいる場合もあります。

ボロい家のばあいもありますし、綺麗な旅館みたいな建物のときもあります。
とにかく広くて、荷物が多い。

今日見た夢は、実家の改築バージョンでした。
実家の私の部屋が4倍ぐらい広くなってて、少女趣味なお姫様みたいなインテリア。そこから続くカフェテラスみたいなウッドデッキのバルコニーができてて、ここでランチとかできるんだ〜ってウキウキしながら片付けをしてました笑(荷物多い)

これって脳内整理中って意味なのかな?

把握できないほど広いのは、潜在意識の中を意味するから?

荷物の中でも不要な服がとにかく多いのは、不要に着飾るもの、取り繕っている思想があるということ。
他人のものが多いのは、他人の思想とか、入れ知恵で、取捨選別の必要があるってこと?
そのなかでも趣味じゃない家具がとにかく多いのは、(ダイニングテーブルセットが8セットぐらいある時もあった。)自分の中を占めている思想をシンプルにして、暮らしやすくしようっていう意味なのかなーって思いました。

そして、不思議なラスト

今日の夢のラスト、私は巨人になっていました。
現実(と思っている)出来事が私の足元をすり抜けていきます。

私はただ起こっている出来事を見ています。
何が起こっても何の感情も思考も湧かず、興味がないとかでもなく、ただ見ています。

 出来事とは、ただ起こっているだけ、私を通り抜けているだけなんだなと思いました。
その感覚はすごく不思議でした。でもすぐ忘れました笑

起こった出来事に対して、ぎゃーぎゃー物言うことも、感情を巻起こすことも人間だからできること。苦しいこともあるけど、それが出来なくなのは寂しいかもしれない。

真実は、出来事はただ起こっているだけだと知りました。