感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

②不倫について 出会い編

第一の彼 アウトローとの出会い

彼との出会いは、知人のイベントに遊びに行ったことがきっかけでした。彼はその会場(店)の店主でした。

初めて会った時の彼の印象は「すごい悪そう」

特徴的すぎるので詳しくはかけませんが、とにかく見た目からして悪そうな奴でした。意味ありげな笑顔も、突っぱねる態度も、挑戦的な会話の振りも全てが衝撃的で、とにかく怖かった。

こんなアウトローな人が、普通の女(自分)を好きになるはずがない!って思ったのに、彼はすごく好意的に接してくれて、そこにギャップ萌えしてました。

それから私は彼の店に通うようになり、一緒に飲みに行く仲になり、
気づけば大好きになってしまいました。

でも、彼は結婚していたんですよね。

だから一線を引くつもりだったのに、そんなものはアウトローには関係なし。
あっという間にものにされました。正直、私がそれを望んでいました。

恋愛中

彼はややこしい性格の人でしたが、彼なりに愛してくれたと思います。知識や技術において困っていた事は凄く助けてくれたし、店でもサービスもしてもらいました。その時彼がくれた恩恵を今でも授かっています。

彼のこと本当に尊敬していたし、夢中でした。今までの彼氏の中で最高のセックスをしたのも彼です。でもね、私は素直にずっと好きでいられなかったんです。

別れに至るまで

当時、私の拗れたハートはこんな気持ちを抱えていました。

「どうせ不倫でしょ、都合のいい女でしょ、本当は私だけを好きでいてくれる男が欲しい」

こんな不満を持っていると、不思議と他に男ができて、いい感じなることが二回ほどありました。その間彼とは疎遠でしたが、新しい彼と上手くいかなくなると、アウトローな彼から絶妙なタイミングで連絡がくるので、縁を戻していました。

そんなことを2年ほど繰り返していましたね。

私、最低だな…。

そうやって、どんどん二人の関係は拗れていって、彼は私を乱暴に扱うようになって、私はそれに傷ついて喧嘩して…結果、自然消滅です。

会おうと思えば会いに行けますが、合わす顔が無い。
私の情けない浮気もバレてると思うし、彼に嫌われていると思い込んで、この恋は無理やり終わらせました。

思い返すと、心と頭が矛盾だらけで苦しかった

その時、同じく不倫中の女友達に聞かれました。(当時、なぜか私の周りには不倫している女友達が多かった)

友人:もし、彼が奥さんと別れてあなたと一緒になるって言って来たらビビらない?

私:え!嬉しいけど…
(確かに慰謝料とか怖いし、アウトローな彼との結婚生活とか問題ありすぎて難しいかもな…。彼はとっても魅力的だけど、私は普通の人と結婚した方が幸せなのかも…)
確かにビビるかも!無理だね!(嘘)

もう、矛盾がすごい…笑
理性と本能と常識と恋心に揉まれて、自分の気持ちすら分からなくなった私は、嘘を真実だと思い込んでました。

 

本当の願いが見えなくなるプロセス

議題:彼のことは好きだけど、未来が見えない件

思考の作ったフェイクの答え

確かに慰謝料とか怖いし、アウトローな彼との結婚生活とか問題ありすぎて難しいかもな…。彼はとっても魅力的だけど、私は普通の人と結婚した方が幸せなのかも。

彼との関係は早く終わらせた方がいい!

 本当の願いはこっち!

家庭も子供も全部捨てて欲しい。
私と結婚して欲しい。私だけのものにしたい。

私がそういうつもりで付き合う!

本当は彼が好きで仕方なくて、家庭も子供も全部捨てて欲しかった。
私と結婚して欲しかった。本音では彼の全部が欲しかったんです!

でも、私なんかどうせ遊びだから無理に決まってる。
そんな願い叶うわけない。

こんな風に、本音よりも強く願いは叶わないと思い込んでいたから、本当の願いが叶わなくても傷つかないように思考で封じ込めました。

もっと素直に自分のエグい願いを認めてあげられたら、結果は変わっていたのかなと思います。少なくとも気まずい自然消滅にはならなかったと思います。

もっと少なくとも、後の不倫はしなかったでしょう!笑