感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

①不倫について きっかけとか

私は過去に不倫の恋を3回経験しています。
一回で懲りそうなところ3回も経験していて、またその機会が巡ってきているので、これは何かあるな思い、過去の経験をまとめてみようと思いました。

序章〜不倫なんてドラマの世界だと思ってました

20代のころ、自分自身も友達も普通そのものだった(オタクだったけど)私にとって、不倫について考える機会すらありませんでした。安っぽいサスペンスドラマの世界で、そんなもんしてる人なんて芸能界や水商売の世界だけだと思ってたんです。

そんな普通の世界で普通の恋愛の経験しか無かった私が初めてぶつかった壁。

それが「都合のいい女」扱い。

デートして、好きだとか言って、エッチしたのに付き合ってないという違和感しかない関係。セフレじゃないですよ、こっちは納得してないんだから友達なんかじゃない。なんかもう無理やり納得させて誤魔化している暴力的な関係です。これについても今後まとめたいと思います。

この恋によって、私のセルフイメージはめたんこ傷つくわけです。

不倫世界の幕開け

はい、ここからが本編。

既婚者との出会いなんてものに想像がつかなかった私がどうやって不倫にたどりついたのか、それは超単純「友達が不倫してたから」です。

想像もつかなかった時は、絶対にその世界の扉は開かない。でも経験者が身近に現れ、その実態を語ることによって、その扉は突然現れるんです。めっちゃ不思議。

友達の不倫彼氏の話を聞いて、私は思いました。

不倫のきっかけって、わりかし普通にあることなんだな。

私はその時まだ「都合のいい女」の世界にいて、彼の二股だの三股だので揉めていたんですが、その彼が本命と結婚することを機に関係が終わり、絶望していた時に第一の彼に出会ってしまったんです。

 

続きます。