感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

どうにかするの辞めるわ

怒りと憎しみで、どうにか環境を変えようと頑張ってたんだけど、
その行動の結果は散々で、もうなんか、もういいわ、ってなりました。

手放すとか、委ねるとか、任せるって究極こういう感覚なのかも。

あともう1件、流れに任せて進めてる事があるので、それの準備を進めてます。
こちらは決定事項なので、淡々と進めてます。

不安も焦りも特になく、淡々と。

どうにかすることを諦めるってことは、
コントロールから手を離すこと。

操縦者を失った車はどこへ行くのか、
今見えている物理的な距離感を手放せば、
朝と昼と夜、春夏秋冬をくぐりぬけて、
時速約 10万7280kmのスピードで太陽をぐるりと回る壮大な旅に出られる。

コントロールを手放せば、
あり得ないスピードで壮大な距離を進んでいることを感じられるのか。
こんなにも進んでいると思っていた距離は、お釈迦様の手のひらの上。

意識の単位は地球上の小さな点の移動。
無意識の単位は宇宙間の移動。

単位が違いすぎてわからなかったけど、
地球が動いんてるんだから、自分も同じだけ動いてるってことでいいか。

いや、やっぱりよく分からない。
もう、分からないってことでいい。

そういえば、一つだけ決めた事があって、
私は左手で絵を描くの。