感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記(※不定期で閉鎖してます)

独裁者には何もあげません

映画「独裁者」にて使われた演説。 

6分間のスピーチはこちらから▼

www.youtube.com

 チャップリンの史上ベストスピーチ - YouTube

字幕が早すぎてついて行けず、英語の意味分からないのに、涙が止まらなかった。

そういえばDUDAのCMにも使われていましたね。魂の言葉は、言語の壁を超えて響き渡る。

 

今日は最高に気分が乗らないので会社休みました。本当はもっと乗らない日に休めば良かったんだけど、頑張って行ったら散々だったので、そのツケを払ってます。

ちゃんと休む。

結果、一日中イライラしてて、あんまり休めなかったかな。

でも自分の気持ちを優先出来たことには変わりないので、良しとする!

私やっぱり謎の威圧感で抑圧してくるやり方に我慢ならない。

もう合わせたくないし、会いたくない。

これは私の持つ当然の権利!

散々振り回されて思ったことは、全ての重心を自分に戻す決意。

もう他人の気持ちは考えない、自分の中心の感覚を意識して生きる。

ずーーーっと意識が解離してたからバランス取るのムズイけど、ちょっとやってみると、とてつもない重みを感じる。自分本来の重み。

所謂見える人や占い師に見てもらうと、本来は戦車や重機並みに重くてパワフルな人だと言われることが多くて今までは全く実感湧かなかったんだけど、確かに自分の中心点に戻ると重い。

絶対にぶれないし、他人どころか自分にだって折ることが出来ない威圧感と太さを感じる。これが本来の質なんだな。