読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記

三ツ矢サイダーCM炎上

三ツ矢サイダーのCMが放送中止になったとか何とか。理由はトランペット吹いてる途中にふざけてぶつかって来たら危ないという意見か殺到したらしい。

なるほど。

それよりも何よりも、このCMのキャッチコピーの気持ち悪さの方が気にならないか。

いや、きっとみんなそこが気持ち悪いから

わざわざクレーム入れたんじゃないの?とすら思う。

この国の爽やかさが好きだ!

って、何だよ!

この国の、ど、こ、が、爽やかさなんだよ。

爽やかなんはサイダーだけやろ?この国と爽やかさ関係なくない?このキャッチコピーは、はっきし言って放送禁止レベルでダサい。

この国がどうこういうのは、BOSSのCMのパロディなんかしらんけど、本家のクラフトBOSSのCMは秀逸で、今の若者世代のスマートさに敬意を払ったdisり方と、そこについていけない30代、40代の管理職への嘲笑はセンスがあって凄い好きなんだが。

この国の違和感の正体

三ツ矢サイダーのいうこの国は、一致団結感の素晴らしさを押し付けてくる違和感がある。

昭和の停滞感みたいな、連帯責任みたいな、大嫌いな体育教師みたいな、某社会主義国みたいなヤバみを感じる。

BOSSのCMのこの国は、流れ行く時代への諦めと、変化への許諾を感じる。つまり新しい時代・世代への恐怖を認めた上での諦めと、自虐と、少しだけ残された遊び心みたいな。