読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感覚をつかむ、みがく Selpit!

本・映画のレビュー・自分が感じたことを書く日記

自由と強さを取り戻した日

今日は超久しぶりに朝マックしました。

子供の頃から朝マックのメニューが大好きなんです。最近はポテト無しで200円のお手ごろなメニューも出ていて利用しやすいなと思いました。

朝は席も空いてて静かだし、窓際の特等席でコーヒーを飲みながらぼーっと過ごせて幸せでした。
静かな時間て好きだな。都会は好きだけど人は少ない方が良いな。

最近ハートの感覚についてよく考えます。
自分の好き・嫌い、みぞおちから右の胸の奥に広がる体感覚、言語化するのが難しい本当に感覚的な部分。掴めそうで掴めない、じれったいんだけど、ここを掴んでいけたら楽しくなりそうなんですよね。

で、そのヒントになる本を見つけました!

ズルいくらいに愛されるたった1つの方法

ズルいくらいに愛されるたった1つの方法

 

 こちらモテ本のようでモテ本ではありません。
他人に愛されたかったら自分を愛するしかない!っていう説を分かりやすく解説されています。(これを10年前のどん底だった自分に読ませてあげたいよ…。)

特にハート感覚について解説させていだたきますと、自分の好き嫌いをどれだけ理解しているかというのがミソでして、どっちでもいいというのはハートには無いそうです。(はっきりしていなくても、どちらかとういうと好き・どちらかというと嫌いに分類される)そして本当の好きっていうのは、安心感より、キュン!とする感覚なんだそうです。これは恋愛だけでなく買い物なんかに使えます。これを読んだおかげで午後から無駄遣いせずにすみました笑

そして一番大事なところは、他人受けより自分受け

彼氏や、会社の上司、両親、友達の受けではなく、自分がそれを好きかどうかを大事にするってとこです。社会の目についつい引っ張られてしまうけど、自分がそれを好きかどうか本気で向き合って自分を決めていきたいです。

そういえば、一人でいることの強さを思い出した

ここ数年の間、孤独とか、寂しさとか、一人の意味を探してきたけど、やっとそのモヤが晴れました。その答えは、なんていうか、一人でいいやん、っていう結論。

随分あっさりした結論だけど、これは無理して言い聞かせてるんじゃなくて、腑に落ちた感覚からの答えなんです。なぜなら、私が好きになる人や憧れている人は、沢山の仲間やパートナーに恵まれているけど、誰とも群れずに一人で行動してきた人達だったと気付けたから。好きなことは自分だけが好きでいればいい、やりたいことや目標は一人でこなす。自分の人生の主軸と友達やパートナーは別の枠なんですよね。

私も好きなことは一人でもやるし、好きなことを誰かに共感してもらおうと思うことを諦めました笑 そう思うとすごく自由さを取り戻せたんですよね。

好きなことを好きなだけ自由にやるには、一人が最強。

今日は大きな出来事は無かったけれど、自分の中では内容の濃ーい1日になりました。